思考のロックを解除しよう!

こんにちは、パパさんです。

 

今日は「こうあるべきだ」「こうしなければならない」などの思考や判断で苦しんでいる人に向けて話をします。

 

実は自分の思考や判断は正しくない

あなたが毎日生活している中で、いろいろなことを考えたり、判断ってしていますよね?

 

毎日の着る服や、食べるもの、仕事や家庭でのコミュニケーション。

毎日の色々なところですごく考えたり、判断をしていると思います。

 

でもその判断が、実は正しいか間違ってるか分からないって知ってましたか?

 

その判断は、あなたが正しいと思うだけであって、他人からは正しくない可能性があるのです。

 

自分にとっての正解とは、自分の経験や知識から答えを出しているだけなので、他人の経験や知識では違う答えが出てきます。

こう考えただけでも、正しいと思う答えが2人いたら2つあるんですよね。

それって「こうあるべきだ」「これが正しい」って考え方とは180度違いますよね?

 

これが、他人とのコミュニケーションや仕事が楽しい理由ではあるんですけどね。

 

でも、逆にその「他人と答えが違う」「他人の答えが違う」ことに苦しんでいる人が多いのではないでしょうか?

 

ここで、「あなたと私」を例にとって考えてみましょうか。

  • 知識
  • 経験
  • 育ってきた環境
  • 性別
  • 年齢

上げたらきりが無いくらい、あなたと違うところがいっぱいあります。

 

その、あなたとの違いがある中で「これが正しい!」「こうしなければならない!」「こうあるべきだ!」と私から言われても困りませんか?

困らない人は、本当にありがとうございます。

私の言葉を聞いていただいているので、私としてはすごくうれしいです。

 

でも、なかなか理解できなかったり、そうは思わなかったりってありますよね。

これが自分の思考や判断が正しくないって事なんですね。

 

苦しいのは他人のものさしで判断しているから

自分の思考や判断を考えた時に、あなたが「自分の答えに苦しんでいる」のであれば、苦しまなくてもいいんです。

 

自分を追い込んでしまう、「正しさ」や「あるべき姿」からは活き活きと前向きな感情は生まれません

 

そして、苦しみの原因は今のあなたにすべての原因があるわけではないんです。

あなたが育ってきた環境に大きく影響を受けているんです。

 

とくに幼少期の親からの教育や学校で、知らず知らずに癖として身についてしまうんですね。

親の愛情や、学校での友達関係、先生の評価から「自分らしく」より「他人から見た良い子」を演じる癖がついてしまっているんですね。

 

それが思考の癖であり、思考にカギをかけてっしまっているんですね。

それを治しちゃいましょう。ロック解除しちゃいましょう!

 

そうすれば、すごく楽になりますよ。

その方法を一緒になって身につけていきましょう。

 

他人は他人、あなたはあなた

思考のロックを解除する為に一番大事な事は「自分の判断は間違っている可能性がある」ことを理解してください。

 

それは、「こうあるべきだ」「こうしなければならない」といった思考のロックによる苦しみをなくすためには、絶対に必要なんですね。

 

それを認めた上で、自分を許すことを始めてください

 

「こうあるべきだ」と思っても、「それは自分が思うだけで、絶対ではないのかもしれない」

「こうしなければならない」と思っても「そう思うのは自分だけかもしれない」

そう思ったら、自分を許すことと一緒に、他人も自分がそうならしょうがないよね。

って許してください。むしろ自分を許せるようになるよ、考え方や見え方に余裕ができてきます

 

そして、こんな風に考えることで、苦しみを和らげてください。

そう考えて、少しだけ自分を許してあげることに慣れてください

 

そうする事で、あなたの心はロックが開き、扉が開いた状態になります。

今までは、自分のこうあるべきだに囚われて、他人の意見や他人の行動が目に付くといった、他人ばかりが気になる状態が強かったのではないかと思います。

 

それが、自分の思考のロックを解除し

「私は私、あなたはあなた」と思って「自分らしく生きる」ことを考えて行動してみて下さい

 

その自分らしくが、自分の物差しで生きる第一歩であり。

他人の物差しで生きる事の苦しさから解放され、活き活きと生活できるようになります。

 

是非、一度自分を許し、自分の物さしで思考、判断してみください。

 

それでも承認欲求が欲しい

他人の物差しで生きることは、他人からの「えらいね」「よくやったね」といった承認欲求手に入れることが出来ます。

 

だって自分らしく行動したことが、他人にとってどうかは分からないのが、今までの話しでしたよね。

 

これは、言われた通りにしていれば、楽に評価が入るのでは?

といった気持が起きちゃう人間の本能なんですね。

 

自分らしく生きることで誰からも評価されないってことは非常に怖いので、どうしてもそれを回避するをこと無意識に選択してしまうのはしょうがないことなんです。

 

だから承認欲求を求めてしまうことも含めて、自分を許しちゃいましょう!

だって否定からは何も生まれません。

むしろ、しょうがない、その上で何をしていくか?を考えるんです。

 

本当に、思考のロックを外すことの方が、効果が大きいです。

だから、まずは外すことだけ考えましょう!

 

まずは思考のロックを外す、それから考る!

シンプルが一番楽です。っていうか、そう考えて自分のエネルギーを一点集中しましょう。

大丈夫ですよ。それが近道なのは私が保証します。

 

まとめ

  1. 自分の思考や判断や、自分にとっての正解で他人の正解ではない
  2. 苦しいのは自分の正解に囚われている可能性を考える
  3. 自分は自分、他人は他人、自分を許すことが他人も許すことになる
  4. 承認欲求を欲しがるのは人間の本能
  5. 承認欲求を求めることを否定せず、自分を許そう
  6. 自分を許すことで思考のロックが外れれば、すべての近道(成功)になる

 

まずは思考のロックを外すことを考えれば、それが何よりの近道になります。

慣れないうちは、その考え方も辛いかもしれません。

それでも、今までの辛さをずっと耐えて行くことをしていくより

新しい考え方を身につける辛さで、今までの辛さを断つことを一緒になって楽しんでやっていきましょう!

 

そうすれば、あなたの未来は自分らしく生きられるようになります。

そう考えられるようになれば、あなたは「きっとうまくいきますよ」

Follow me!