『書き出すこと』で夢を叶える!

こんにちは、喜多川アツシ(@paparn883)です。

最近、思うようにいかない。上手く事が運ばない。

目標や夢があるけど、全然うまくいく気がしない・・・

「何か良い方法無いかな~」って、こんな悩みありませんか?

 

そんな時に、ぜひお勧めな方法が『書き出す』

僕は『書き出す』ことをやり始めてから、仕事もプライベートも自分でコントロール出来てるな~って感じるようになりました。

そのお陰で、目標も夢も着実に達成に近づいてるって思えるようになりました。

 

是非、今回紹介する方法を知って、自分の生活に取り入れてみてください。

仕事やプライベートで、目標や夢が達成できるようになりますよ。

大丈夫、きっとうまくいきます!

まずは書き出すことのメリットを知ろう

意外と知られていない、書き出すことのメリット。

 

言霊って知っていますか?

日本に古来からある、言葉には力が宿ってるってやつです。

『書き出す』は『掻き出す』に通じ、心のもやもやを掻き出し視えるようにしてくれます。

 

以下、ざっくりとメリットを。

書き出すことのメリット
  1. 同じ事を考えないですむ
  2. イメージが湧きやすく、行動に移しやすい
  3. 達成感や満足感が味わいやすい

それでは、それぞれを詳しく解説していきます。

1.同じ事を考えなくて済む

これが、『書き出す』ことの一番の恩恵。

 

一般的にこれは『見える化』と呼ばれてる。

頭は、万能の考える道具。

だけど、便利過ぎてみんな信用し過ぎてる。

 

こんな経験有りませんか?

頭の中で必死に考えてるんだけど、同じ事を考えちゃう(堂々めぐり、私も良く経験してました。)。

でも、これって書き出すことで防げます。

 

書き出した項目を目で見れるようになると、「あっ!これさっきも考えた」って気付く。

これが頭の中だけだと、気づきにくい。

すごく小さな変化を見続けてると、何が変わったか分からないってやつと一緒。

 

考えも、同じことを考えてると、何を考えてたか分からなくなる。

繰り返し考えてるうちに、少しずつ最初考えてた事から変わってる。

 

これを防ぐためにも『考え』をまとめるには、とにかく紙に書き(掻き)出す。

紙に書き(掻き)出すことで、同じことを考えるエネルギーが節約できる。

考える時は、思考に方向性を持たせると凄く効果が上がって良い。

 

みんなが持ってる脳みそは、すごく高性能。

だから、どんな事でも考える事が出来る。

でも、この強みが、逆に弱みになる。

 

それは、方向性を持たせないと、同じエネルギーが四方八方に分散する。

同じエネルギーを一点に集中出来たら、その方がすごいって何と無く思いますよね。

 

だから、書き(掻き)出す事で、エネルギーを効率的に使う。

これで、今までとは全然違う世界が視えてくる。

脳の疲労度も軽くなるから、ぜひ試してみてください。

2.イメージが湧きやすく、行動に移しやすい

方向性の話から、つながってくる。

書き出す事で、『何がしたいのか?』『何を考えたいのか?』と言った、この『何が?』が見えてくる。

これを、『認知』って言う。

 

どんな事でも、まずは知ることから始まる。

 

知らないと、対策も出来ないし、対応も出来ない。

助けも呼べないし、相談も出来ない。

 

 

良くやる失敗は、言葉だけで相手に伝えようとしたり、助けてもらおうとする。

これ、相手も同じイメージを持つ事が前提の『暗黙知』に頼ってる。

何も言わなくても、わかるでしょ?的なやつ。

 

これが紙に書き出すと、自分の整理にもなる。

整理した情報は、下ごしらえした料理と一緒。

後は、調理するだけ。楽チン♪

 

ここから、問題を知った上で、それに対してどうしたいのか?まで紙に書けたら最高。

その状態で、紙を見せながら助けを呼べば、まず間違いなく助けてくれる

 

自分なりに整理した情報を、『説明=相手の聴覚』と『紙に書いた内容=相手の視覚』の2つにアクセスするから、言葉だけで説明しているより成功確率はぐんと上がる。

 

で、ここで重要なのが『自分なりに整理した情報』。

この時点で、頭の中で考えてた事は、『見える化』によって頭の外の出てきてる。

頭の外に出てきて、自分の目の前に見える形(=紙に書かれてる)になってる。

これで、『何が?』から『どうしたい』のイメージに勝手に作られてる。

 

騙されたと思ってやってみて。

 

『どうしたい=行動』まで、朧げイメージ出来てたら、後は不思議と行動出来ちゃう。

人間は、イメージ出来ない事は理解できない。

逆にイメージ出来る事は、理解出来てるってこと。

 

無理だと思ってる事でも、一度出来ると次からは簡単に出来たりするのに近いかな。

理解できれば、後は経験だけ。

上手くいかなくても、上手くいっても、次につながる。

次につながってくれば、書き出す事が癖になること間違いない。

夢をかなえるには、良い習慣から。

3.達成感や満足感が味わいやすい

書いた事で、満足感(ひと仕事した気)が得られるのも良い。

書き出した目標や夢が叶ったら、チェックとか付けて達成感を味わうのも良い。

使い方は人それぞれ。

 

それでも、何も書き出さなかった日々より、充実してくる事は間違いない。

充実してみると分かる事は、『何か、自信がついて着てるな』って感じる事が多くなると思う。

 

それは、何故か?

 

毎日、自分の考えを『書き出して整理』して、それを解決する為に行動してる。

人によって、どれだけの成功体験を経験できるかはバラバラだと思う。

 

でも、『書き出して、整理する』ことをして無かったら、成功体験も気づかず経験しちゃう。

意識して成功体験を経験するから、自信につながる。

 

無意識に成功体験を積み重ねても、再現性がないから、いつまでたっても自信がつかない。

だから、みんなには意識して成功体験を経験してほしい。

それが自信につながるから。

 

その為には『書き出す』ことから始めてみてほしい。

それが一番近道で、ずっと使える『再現性のあるスキル』になる。

是非是非、一度試してみてください。

Follow me!